手帳を使いこなせない主婦のジブン手帳の使い方

文具・手帳

こんな中途半端な時期に私のジブン手帳の使い方を書いてみようと思ったころ(@cororin0317)です。

私は正直言って手帳を使いこなせていなかったタイプです。

今年こそは!と毎年思うのですがもって1ヶ月~2ヶ月

色んな方の手帳術を真似てみるも自分に合ってなくて続かないなぁと言った感じなんですよね。

そこで半年ほどジブン手帳を使ってみて続いているなーと思ったのでそれを記事にしてしまおうと思った訳です。

私が使っているジブン手帳はこちら

今年はDIARYだけを購入です

スポンサーリンク

手帳を使いこなしたい

手帳を使いこなせない理由としては予定が少なすぎるからだと思っていませんか?

ちょっと1度手帳=予定表と言う考えを捨てると楽になるかもしれませんよ。

マンスリーはとりあえず予定を書いておく

少ない予定でも予定があるならマンスリーに記入しちゃいましょう。

これはどちらかと言うと決定している予定です。

夫の休みや子供の行事、学校提出物など決まってる予定は書いちゃいます。

習い事の時間などもわかっているなら書いときましょうね。

多分これが今まで使ってきた手帳本来の使い方だと思います。

私はこの段階で丸々1ヶ月予定がなく落ち込んでいるタイプですが、今は特にきにしていません。

むしろ予定がない事に喜びさえ感じています(笑)

ウィークリーにも予定を落とし込む

マンスリーで書き出した予定をウィークリーにも書き込んでいきます。

基本的に毎日見るのはウィークリーなので詳しく書きたい場合はウィークリーにだらだら書いちゃえば良いです。

ここからが問題。

残りの真っ白な手帳をどううめていくのか?と言う事ですよね。

ウィークリーは予定以外にも書き込んでいきますよ

ぼかしだらけですが、これが私のウィークリーです。

この週の予定は1日決まった予定があっただけで、あとは全部予定なしの週の手帳になってます。

が、いっぱい埋まってますよね?

では解説していきたいと思います。

予定以外にもやる事いっぱいの主婦です

私のウィークリーはやった事が書かれています。

そう、いつ何をしたかと言う事。

なんなら睡眠時間さえも書いています。

ジブン手帳の良いところと思ったのがバーチカルが24時間なところなんですよね。

人によっては生活のリズムが違うのでこの24時間軸は私にとっても向いていると思って購入した次第です。

と話がそれましたが(汗)

やった事をこまめに書いて行くもよし、寝る前にまとめて書いても良いと思います。

[list class=”li-niku li-mainbdr main-c-before”]

  • 朝・昼・夜ご飯を食べた時のメイン料理などを書いたりしています。(食:ステーキ)みたいな感じで
  • 買い物に行った時間を記入します。買い物途中で寄ったお店ややった事も書きます。(買い物:スーパー、コンビニ、郵便局)みたいな。時間が長くて空白部分が多くなりそうなら買った物とかも書いちゃいます
  • 睡眠時間はそのままですね。何時に床に就き何時に起きたのか。夢でも見たらその内容も書いておけばよいかと。

[/list]

私はこんな感じでウィークリーを埋めていってます。

手帳生活に慣れるまではこのまま続けていきます

手帳を使いこなせない理由としては、あれもこれも書かなきゃいけないと思ってしまう事ではないでしょうか?

私はそうでした。

書かなきゃいけないと思う事自体続かない理由だと思います。

私はこの方法で手帳を毎日開く癖がつき、手帳に書き込むのが楽しくなってきました。

そうなるまで約4カ月もかかりましたけどね(汗)

手帳に慣れたら書き込む事をふやす

きっとここからがジブン手帳である事の本領発揮な部分ではないかと思います。

今まで書いてきたウィークリーを見直してみてください。

空き時間が割とあるなーって思いませんか?

この空き時間をどう使うか?がポイントになってきます。

趣味の時間に費やす

空き時間さえ把握してしまえば、その時間で趣味に没頭する事も可能になってきますよね。

時間がないから趣味の時間が・・・

なんてことがなくなっていくと思います。

時間は無限ではありませんが、空き時間が把握できることによって、やりたい事ができるので日々の生活にもメリハリが出てくると思います。

普段やらない掃除をしてみる

換気扇洗わないと!とかカーテンもそろそろ・・・なんて思っているだけで出来なかった事って多くないですか?

そう言った時間に使う事も可能ではないかと思います。

ご褒美タイムにしてしまう

空き時間が少なそうならご褒美タイム!

私は紅茶が好きなので紅茶を味わう時間にしてしまいます。

読書しながら、とか音楽を聴きながら兎に角まったりと幸せを感じる時間にしてしまいます。

ここまできたら後は自分好みに仕上げていく

ここまでくると手帳にあれも書きたいなー、これも書いておきたいなーって事が増えてくると思います。

ジブン手帳にはマンスリーにもウィークリーにもToDoListが付いてます。

それをリストとして使うも良し、メモ帳として使うも良し、自分なりの使い方を見つけていけばよいかな~って思います。

マンスリーは人に見せられる部分

友人や仕事関係の人の前でも開ける部分としてマンスリーを使っています。

見られたくない内容は極力書き込まないようにしておけばいつでも開く事が可能ですよね!

ウィークリーは自分専用の部分

体重の記入やダイエット記録、筋トレメニューとかね。

あまり人様には見せたくないけど記入しておきたい事を書いています。

1週間の振り返り日記とかも書いたりとか。

まとめ:手帳を使いこなせない主婦のジブン手帳の使い方

まとめと言うかなんと言うか。

世の中には沢山の手帳術が公開されていますし、沢山の本も出回っています。

しかしどれもこれも手帳を書く事が癖になっている人の完成形が記されている事が多く、手帳を使いこなせていない私にとっては難しい事ばかりでした。

なので今回は手帳を使いこなせないならまずは手帳に慣れようと言うコンセプトで記事を書かせていただきました。

実際に私はこのやり方で半年以上毎日手帳と向き合う事ができるようになり、今では手帳を開く事が楽しいと思えるところまできました。

ここまでくると色んな方の手帳術の良いところを取り入れる事も可能ですし、手帳をもっと好きになれるのではないかと。

兎に角手帳に何か書かなければ!ではなく、書きたいな~と思う事を書いて行けばそのうち手帳として立派なものが仕上がると思うので、使いこなせない・・・と悩んでないで、好きな事を書いてみてください。

あなたにとっての手帳lifeが素敵なものになりますように!

[box class=”box26″ title=”併せて読みたい”][kanren id=”706″][/box]

ファーストキットのIDEAノートは気にせずガンガン使いまくろう!
IDEAだけ別に購入する事が可能なのでなんでもかんでもメモしちゃう癖を付ければ手帳も楽しくなるはず?

コメント