心機一転。心身ともに入れ替えてやらなければならない事がある

思考

どうにでもなるだろうと適当にブログを立ち上げては放置を繰り返す私、ころです。

今回身心共に入れ替えてなめくさった自分をどうにか変えていこうと思いました。

もちろん適当にそんな事を思った訳ではなくちゃんと理由もあります。

スポンサーリンク

3年間だらだらと過ごしていた

ブロガーかアフィリエイターになろうとして動き出したのが2015年の3月でした。

何かしらやろうとはしていたんですが続かないんですよね・・・

出来ない事の理由を毎日さがしていた

家からもでず、持病もあるので病気のせいにしたり、子供の世話が・・・とかね。

外に出ればかける内容なんて沢山あるのに、外にでても何も収穫しないで帰ってきては忙しいから書けないとかしんどくて書けないとか適当な事を言ってました。

きっと自分の中で私がやらなくてもどうにでもなるからまぁいいや~みたいな。

そもそもブロガーなのかアフィリエイターなのか決めてなかった

どっちつかずな気持ちで始めているのですべての情報が必要だと思い情報収集だけは必死にしていました。

目指すところが違うと学ぶことが違うと言う事ぐらい誰にでもわかる事なんですが、当時の私はまったくわかってなかった。

そのおかげで高い教材を買ったりもしましたが、もしかしたらそれが私にはっきりとした道を選ばせてくれたのかもしれない。

なので無駄だったとは一切思ってません。

それでもかわれなかった理由

どこかで逃げていたんですね。

「私なんかなにやっても無理だ」
「私に才能なんてない」
「誰かが助けてくれるだろう」

完全になめ腐ってますね。

ころさん彼氏と別れるんですって

えぇそうなんです。

7年間連れ添って結婚まであと少し?だった彼氏と別れるんですよ。

フラれたらしいよ?

女を感じないとか他に好きな人できたとか言ってフラれたんです。

ちょっとそこメシウマとか思わないでくださいね?これでもショックはでかいので・・・

相当コタエマシタ。

[kanren id=”674″]

誰かが助けてくれるだろう・・・の誰かが彼ですね。

こんな事考えていたなんて彼はきっと知らない、と言うか言ったこともないし。

とっても失礼な人間ですよね私。

はっきりとそう思っていた訳ではなくて、いつも応援してくれていた彼に対して甘えすぎてたんですよ。

彼と言う人に会うまで人に甘える行為が出来なかったので心地良かったんでしょうね。

それも終わってしまえばなかった事と同じ。

彼に与えてもらった優しさを返す時がきた

実は今ブログを執筆しているノートパソコンとかは彼に買ってもらったものなんですよね。

ブログの更新頑張れ
お前ならできる

いつも背中をおしてくれていたのに真面目に執筆していたのはほんの数か月。

それ以外はネットサーフィン用になってしまっていたこのPCを反省の意味も込めつつ、恩返しできるようにするためにもボロボロになるまで使ってやろうじゃないか!と思いました。

息子もそろそろ独立か?

長男はすでに結婚もして子供もいます。わたしおばあちゃんです。

孫のためにも頑張らなければならないが・・・

次男も今18歳。

定時制行ってるのであと1年か

そう思った時、私は完全に1人になるのだなと実感しました。

嘘ついても仕方がないのでさらけ出しますが、私は今生活保護を受給しています。

皆様の税金で生活をまかなっております。

[kanren id=”635″]

血税を使わせていただきながらこんななめくさった生活をしていて本当に申し訳ないと思ってます。

ブログ更新ができなかった最大の理由がわかった

結局のところ私は自分が生活保護受給者であると言う事をさらけ出せなかったことで文章が書けなかったんです。

あれこれ手に入れたいけど生活保護の身で贅沢してると思われたくない。

アンチ生活保護受給者は世の中に山ほどいる。

アンチに何を言われるのかと思うとやっぱりさらけ出せなかった。

息子たちの身を守るためにも公の場で生活保護受給者だとばらすのは得策ではないと思っていました。

しかし、あと1年で次男も独立していきます。

もう隠さなくても良いかなと思えてしまったんです。

結局は生活保護をやめて胸張って生きていきたいんです。

私には現在持病があります。

同じ病気の人でも働いている方はたくさんいらっしゃると思うのですが、私の場合完全にドクターストップがかかっています。

この病気のせいにはしたくはありませんが、働けない事で生活保護を受給せざるを得ない状況に陥ってしまいました。

息子たちはなんとか育てあげた

今後は私が一人生きていくためのお金さえあれば良い。

次男が独立できるまでの1年は生活保護のお世話になりっぱなしになるかもしれないけど、そのあとは自力で生きていきたい。

いつまでも人様の血税で生きていくわけにはいかない。

少しでも我が家に回ってくる税金を減らし、今度は私が税金を払える人間になって私と同じように世間の目を気にしながら生活保護を受けている人たちを助けたいと思いました。

私はもう昔の私じゃない

1番さらけだしたくなかった事をこの場でさらけ出したことによって私は変わる。

だって隠すものがなくなったのってプライドも世間体もすべて捨てた状態ですからね。

色々思い返すと彼との別れが1番の要因なのかもしれないけれど、過程はどうあれ私の本気を引き出してくれた彼には感謝しているし恩返しもしたい。

今までだまって我慢してきた息子たちにも自由を与えてやりたい。

何よりもやはり堂々と生きていたい。

いきなり完璧にはできないけれど、毎日少しずつ私は私を変えていく。

長くなりましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

コメント