出来る事なら受けたくなかった生活保護を受けた理由

生活保護を受けたくて受けてる人ってどれぐらいいるんだろうか?

私は本当なら受けたくなかった。

人様が働いて払っている税金で暮らしを賄う事にすごく否定的でした。

生活保護を受けるまでは実家暮らしでした

全く心地の良い実家ではありませんでしたが、仕事をしても持病の作用で働き続ける事ができなかったので嫌々実家で暮らしていました。

そのころはお金がなかったので病院にもいかず転々とバイトしては倒れるの繰り返しでした。

そんな矢先・・・

息子が身に覚えのない事で児相に入所させられる

警察までもが動き出す出来事が起こりました。

親の私でも見抜く事がでいないような直筆の手紙が証拠となって入所させられたのです。

息子は今でもそのことで心に傷を負っているようですが・・・

実家の環境が悪すぎると判断され息子帰ってこれず

児相の人たちから見たらありえないような家庭環境であると指摘されてしまい息子をその家に帰すのは無理だと言われたんですよね。

息子を家に帰す条件として提示されたのが

  • 実家ではない所に住む事
  • 今の学区と関わらない場所へ引っ越す事
  • 生活保護を受ける事

身に覚えのない事で児相にいる息子を1日でも早く連れ帰りたかった。

しかしバイトを転々としては倒れる生活をしてたのでは息子を帰せないから生活保護を受けるようにと言われました。

こうなると自分の体裁やプライドなんてどうでも良いと思い生活保護の窓口に駆け込む事になったんですが・・・

実家暮らしで保護却下

却下されている場合ではない!!息子がぁあああ・・・

しかし引っ越したくても貯金はなし、仕事もなし、で引っ越し不可能。

生活保護の窓口では実家を出れば受けられると思いますよなんて言われたけど、その実家を出られないから困ってるんでしょうが!!!!と思っていました。

社会福祉協議会に相談へ

行ってみた物の・・・

仕事してないと貸せないと言われて追い返されえる。

MEMO
正しくは毎月決まった額を返せる保証がないと貸せませんと言う事でした。生活保護を受けていれば借りる事も可能かもしれませんと言われたので、場違いとは思いつつ生活保護が却下されたことをその時の担当の方に全部お話しました

それから数日後生活保護の申請を出してくださいと連絡がくる

前回は申請もだせなかったのに、役所側から連絡がきて申請書を出してと言ってきたんです。

何が起こったのかさっぱりわかりませんでしたが、後々きいてみたら社会福祉協議会で私の話を聞いてくださった方が保護課に直談判をしてくれたようでした。

完全に負のスパイラルにはまったと思っていただけに、その方には感謝してもしきれません、本当に。

後日お礼にお伺いして感謝を山盛りのべたのは言うまでもありませんが、その方がいてくださらなければ息子はいったいどうなっていたのか・・・

久しぶりに人の温かみを実感した瞬間でした。

その後とんとん拍子で話は進む

申請書を提出してから3週間後に保護決定、そのあと2週間で引っ越し先決定、1週間で引っ越しを終わらせて息子を迎えに行くことができました。

さんざん嫌がっていた生活保護ではありますが、そのおかげでまともに通院することもできるようになり、息子たちとの3人暮らしもできるようになりました。

贅沢はできないけど人並みの生活はできる幸せ

どこからが贅沢品でどこまでがOKなのか?

それは各自治体や環境によって随分と違いがあります。

公共交通機関のない場所に住んでいれば車は必須なので贅沢品にはなりません。

時代によっても様々で、今はパソコンや携帯電話も贅沢品ではないそうです。

もちろん生活に必要な家賃や光熱費、食費を賄って節約したお金でやりくりすることが絶対的な条件です。

保護うけてるのにパソコン使うな!
保護中なのに携帯?
保護のお金で旅行とかふざけるな!

ネット社会ではアンチ保護者がそういう事を言ってる場面を多々見かけますが・・・

本来の中身も知らずに言ってるだけだと思ってスルーする事にしました。

自分でいうのもなんですが優良受給者です

息子のバイト代も、いただき物も、臨時収入も報告しなければならない事はすべて報告しています。

家庭訪問もしっかり受けているしやましい事は1つもありません。

博打もしませんが・・・タバコは吸います。

もちろん喫煙者であることも保護課は知っています。

家賃や光熱費の滞納もしなければ節約して得たお金で嗜好品などなどを楽しんでいます。

引っ越しも自由にはできないですが現在は息子と2人節約してるけど気持ちは贅沢生活を送っています。

気持ちまで節約すると世の中真っ黒にしかみえませんからね・・・

まだまだ先は長そうですが

私は必ず生活保護を円満にやめてやる!と決めています。

MEMO
生活保護はやめたいといってもやめれません。毎月安定した収入がある事を証明しない限りやめれません。紙切れ1枚提出すれば辞められると言ってる人も多いですが、そんなところではありませんよ。やめて、またすぐに戻ってくる事がないようにと万全のバックアップをしてくれるのが生活保護です。

ドクターストップは解除されてないけれど

ドクターストップだからこそできる仕事を見つけようと思い、ドクターに止められるような内容とはかけ離れたブロガーの道を選ぶ事にしました。

が、ブロガーもアフィリエイターも要は一緒だと思っているんですがね。

とにかく0→1に変える作業を、私の体の続く限り続けていきたい、今はそう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です